読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流シェフのブログ 〜on the road〜

it's so easy! easy to be happy!

浜田省吾の「モノクロームの虹」のPVのおっさんの話

私のとても好きな浜田省吾の曲の一つに

モノクロームの虹」という曲がある。

 f:id:mobydick1991:20170210205657j:image

 

この曲のPVの舞台はニューヨーク。

タクシーの運転手に扮した浜田省吾

様々な事情を抱えた客を乗せていく。

 

その客の中の1人の、黒人のおっさん。

 

f:id:mobydick1991:20170216104053p:image

 

このおっさんが語るのは、

この曲のテーマである「死生観」である。

 

以下、おっさんのセリフ。

 

 

「今日、友人の葬式があってね」

「16才の時からの親友だった」

 

「死ぬ時は誰もが一人なんだと感じたよ」

 

「死というのは、

   残された者達にとっては意味があるんだな」

 

「家族を持たない奴の死は、

   存在しているかどうか分からなかった人間

   が、存在しなくなったってことだ」

 

「あんた、家族はあるのかい?」

 

 

「しかし、逆に生というのは

     生きてる本人にだけ意味があるんだよな」

 

「俺がいまここで生きてるから、

    世界は存在して、あんたもそこにいて

    運転しているんだよな」

 

 

深い…

 

 

こんな夜には逢いたい Yaeh…

君に抱かれ眠りたい
どんな未来も受け入れる Yeah…

君がそこにいれば

 

 

三流シェフ