読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流シェフのブログ 〜on the road〜

it's so easy! easy to be happy!

雨に唄えば。 road.3

私は考えていた。

 

お連れ様はどんな人なのか?

 

彼氏、友達、会社の同僚、家族…

 

最初に入口で接客して感じたインスピレーションとしては、友達か彼氏だと思った。

 

今は私は彼氏を待っていると考えていた。

 

彼女の表情から汲みとれるもの。

 それは、刹那さだ。

 

なにか幸せなことが訪れる気配はない。

 

むしろ、良くないことが起こりそうな…

そんな気配を私は感じていた。

 

彼女がハンバーグを食べ終わって、5分くらいたっただろうか、

 

彼女はテーブルのピンポンを押した。

 

 

ピーンポーン!

 

 

広い店内のホールのフロアに、お客様は彼女だけになっていた。

 

私はテーブルに向かい、

「お伺いします」と言った。

 

「チョコバナナパフェをください」

 

彼女は食後のデザートをオーダーしたのだ。

 

 

まだ、彼女は彼氏待っているのか?

 

いや、来ない彼氏への怒りをデザートにぶつけたのだと思った。

 

私は白馬の王子さまが彼女の前に最後に現れることを、心のどこかで期待していたが、

そのチョコバナナパフェは、私にとって

諦めに変わる瞬間であった。

 

 

彼女はハンバーグを食べた後とは思えないほどの早いペースでパフェを食べ終えた。

 

彼女は立ち上がり、すっかり夕陽が沈み、窓に映った自分の姿を見ながら、椅子に掛けてあったグレーのチェスターコートに袖を通した。

 

私は窓に映った彼女の顔を見ていた。

 

彼女は窓に映った自分の姿を見ていた。

 

それは、新しい自分への一歩を踏み出すような

そんな風に私には見えた。

 

彼女はレジでお会計を済ませ、一人で歩き出した。

 

 私は彼女の背中をただ見つめていた。

 

 

窓の外の雨はいつの間にか止んでいた。