読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流シェフのブログ 〜on the road〜

it's so easy! easy to be happy!

雨に唄えば。 road.2

 

彼女がオーダーしたハンバーグが出来上がるまでは10分と少し。

 

彼女は頭を抱えて、少し険しい顔でスマホの画面を見つめていた。

 

彼女の座った席は入り口がすぐに見える席であった。

お連れ様がいつ来るか分からない状況であれば、彼女の目線は入り口に向けられるはずだ。

 

しかし、彼女はスマホとにらめっこをしたままだ。

 

10分はまだ経ってない時、彼女は顔を上げたが、その視線は入り口ではなく、窓の外の景色に向けられた。

 

外はまだ少し雨が降っていた。

 

厨房から料理が上がるベルが鳴った。

私は最後にもう一度、入り口のドアに目を向けた後、彼女のオーダーしたハンバーグとライスを手にし、テーブルへ向かった。

 

「お待たせしました! 

イタリアンチーズハンバーグとライスでございます!」

 

彼女は少しだけ頷いた。

 

彼女が食べている時にも、私は入り口に何度か目を向けるが、気配はない。

 

彼女の食事が終わると、私は彼女のテーブルの鉄板とお皿を下げた。

 

彼女は広くなったテーブルの目の前で、すこしうつむいた後、また窓の外に視線を向けた。

 

やはり、入り口を見ることはなかった。