読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流シェフのブログ 〜on the road〜

it's so easy! easy to be happy!

雨に唄えば。 road.1

1月の3連休が終わった平日の火曜日は朝から雨だった。

 

慌ただしいランチタイムも終わり、太陽が少し落ち始めた夕方

 

店内は落ちつきをみせ、有線で流れる洋楽のバラードが心地よい。

 

1人の女性の姿が、入り口の自動ドアの前に見えた。

 

私は自分の手で自動ドアのセンサーに手をかざし、ドアを開け、声をかけた。

 

「いらっしゃいませ!

   1名様でよろしいでしょうか?」

 

彼女はすぐにこう答えた。

 

「あとからもう1人来ます。」

 

私は「かしこまりました」と答え

 

彼女を窓側の外の景色がよく見える席にご案内した。

 

窓の外にはまだ雨が降っていた。

 

彼女は20代の後半、セミロングの少し茶色の髪だが、とても清潔感のある服装で、深夜のローカル番組に出てる女性レポーターに少し似ていた。

 

彼女はグレーのチェスターコートを脱ぐと、持っていた2つの紙袋を自分の横の椅子に置き、メニュー表に目をやる。

 

私はすぐにお連れ様は来るのだろうと思った。

それは、レストランでよくある日常だからだ。

 

しかし、2分後に彼女のテーブルのピンポンは押され、私は彼女のオーダーに向かった。

 

「イタリアンチーズのハンバーグとライスをください」

 

私は彼女の口から発せられたオーダーを手慣れた操作でハンディーに入力した。

 

ハンバーグのオーダーが厨房に通り、料理があがってくるまで、10分と少し。

 

私は、彼女のお連れ様がハンバーグが出来上がるまでに到着することを、なぜか心で祈り始めた。